トリキュトリキュラーは避妊効果だけじゃない

避妊薬としてではなく色々な面においてトリキュラーは処方されています。トリキュラーを服用することによって、子宮内膜が分厚くなる前に生理が起こるようにするのです。

 

そうなると月経量が減少して、子宮の収縮を抑制できますので生理痛を緩和することにも繋がります。子宮内膜が分厚くならなければ子宮内膜症予防のためにピルが処方されることもあります。

 

また、生理前になるとイライラしたり不安感を感じるようなPMSの症状を改善するためにもピルというのは高い効果を期待することができるのです。女性ホルモンのバランスが乱れてしまうことで発生するニキビを改善するうえでも有効なのです。

 

避妊だけに限ったことではなく、女性が感じやすい不調自体を改善してくれるものピルの効果なのです。しかし、ピルを服用すると太ってしまうという噂を聞いたことがあるかもしれませんが、ピルの中でも低用量のものであれば太ることはまずありません。

 

中容量ピルに含まれているエストロゲンの働きで食欲が増加することはあります。しかし、低用量ピルであればそのような心配をすることはありません。低用量ピルなら手軽に避妊効果を得ることができますし、婦人病を予防することができるんですよ。

トリキュラーってなんなの?

トリキュラーを含むピルというのは多くの方が知っているように、避妊、生理痛の緩和を目的としている薬剤になります。とても便利で生理痛の酷い方というのはやはり重宝していると思います。

 

ピルというのは卵胞ホルモン、そして黄体ホルモンとの2つが含まれているのです。この女性ホルモンが下垂体に作用し、卵胞ホルモンと黄体ホルモンとの分泌量が抑制されていきます。そして結果的に排卵が起こらなくなってしまうのです。

 

わかりやすく言うのであれば、ピルを服用することによって女性ホルモンの分泌量が良くも悪くも一定に保たれると考えて良いかもしれませんね。そして、ピルというのは服用すると抜け毛が増えることがあるといわれています。

 

基本的にいえば、ピルというのは女性ホルモンを増加させる効果がありますので、髪の毛の成長を助けて抜け毛予防効果を高めることができるのです。つまり、ピルを服用する限り、抜け毛というのは減少しますし、抜けにくくなるので薄毛予防効果を高めることができるのです。抜け毛になるのはピルの服用を止めた時です。

 

服用を中止することによってホルモンバランスはさらに乱れてしまい、結果的にさらに抜け毛が酷くなってしまうようになるのです。服用を止めて時間が経過すると問題ないので安心してください。

 

トリキュラー

トリキュラーと更年期障害

更年期というのは閉経をはさんで10年くらい経過した期間のことです。日本人の閉経年齢というのは平均をすると50歳前後といわれています。その閉経までの前後含めた10年というのは更年期に該当します。個人差がありますので、この期間は多少誤差が出ます。

 

この更年期に入った場合には女性ホルモンのバランス自体が変動しますので、視床下部から司令の出る自律神経のバランスも悪くなってしまうようになります。顔がほてったり、イライラしたり、憂鬱な気持ちになってしまうこともあります。

 

このような症状が日常生活において支障が出るくらいに重いものとなると更年期障害ということになります。この更年期特有の症状なのですが、場合によっては30代後半には症状が出ることもあります。

 

40代になると間違いなく体調に変化が出ていることに気付くはずです。プレ更年期というものでもあるのですが、女性ホルモンの分泌量が減少しはじめた影響が心に現れ出した証拠でもあるのです。

 

プレ更年期は日常生活に支障が出ることはありませんが、少しずつその身体の変化が大きくなります。このような女性ホルモンの減少による更年期を乗り越えるうえでも、トリキュラーというのは非常に効果的なんですよ。

妊活をして感じる不公平さ

世の中って不公平だなとつくづく思います。
望んでいないのに妊娠して中絶をする人もいれば、どんなに望んでも授かれない人だっている。
私は今妊活をしているところです。
妊娠できないわけではないけれど、難しい体質だとお医者様に言われました。
最初はショックだったけれど、この現実は受け入れるしかありません。
なので今は出来る限りのことをしている状態です。
妊活と言っても様々ですが、私が行っているのは本格的なこと。
婦人科で不妊治療をしているんです。
夫も協力的なのでその点は救われていますが、やはり当たり前のように妊娠する友人や家族連れを見るとツラくなってしまうこともあります。
でもできるだけ前向きに考えたいです。

 

葉酸サプリ

 

更新履歴